女の人

スポーツ整体になるためには|人の役に立てる仕事

東洋医学のエキスパートに

鍼

東洋医学のアプローチで

怪我を負った時に普通はほとんどの人が整形外科などに行ってリハビリを受けると思いますが、鍼灸マッサージをうまく取り入れれば怪我の治りがもっと早くなるかもしれません。西洋医学では投薬などの治療を通して患部の症状を取り除くことを目的としますが、それに対して鍼灸マッサージのような東洋医学では患部に直接働きかけて症状を改善していきます。たとえば捻挫などをした時、前者は湿布などを用いて炎症を抑えようとしますが、後者の場合には鍼・灸・マッサージといった手段を用いて血行をよくするなかで炎症を取り除こうとします。怪我の症状の原因が筋肉にあるという場合にはこの鍼灸マッサージの方が高い効果を期待できます。整形外科などに通いつつ「もうちょっとほかの治療方法も試してみたい」というような場合には鍼灸マッサージが一押しです。

専門学校へいくべきです

鍼灸師さんにケガを治してもらった経験から自分もその道に進んでみたいと考える子ども達は予想以上に多いです。鍼灸マッサージのプロフェッショナルになるためにはまず鍼灸師や按摩師などの国家試験に合格する必要があります。このような国家資格に確実に合格するためには専門学校に通うことがベストでしょう。専門学校では将来現場で役に立つように実践的な知識や技能を教えてもらえるだけでなく、国家試験をパスするために必要な知識やテクニックについても余すことなく教えてもらえます。また、初めからカリキュラムが決まっていて、それを一生懸命こなすだけでいいというのも大きなポイントです。独学で国家試験合格を目指す場合には傾向を分析するなど勉強以外の部分も自分で進める必要がありますが、専門学校であれば独自のノウハウをすでに確立しているためその方針に従えばかなりの確率で合格できます。鍼灸マッサージでいろいろな人の役に立ってみたいと考えている場合にはとりあえず専門学校の資料を取り寄せてみることから始めたらいいと思います。